きみの神様になりたかった

気持ちの整理とか色々

私のオタク年表

 

 

ふと思い立ったから書く

生きてきた半分以上をオタクで過ごした私の備忘録

 

 

 

 

 

幼少期

まるで記憶がないが親の話で見ていたであろうアニメやらなんやら

 

アンパンマン

本当に記憶が無いが、絵本やアニメを見て全キャラの名前を言えるくらいには好きだったらしい。唯一覚えているのはバイキンマンのキャラソンが好きだったこと。調べてみたら“いくぞ!ばいきんまん”って曲らしい。メロディ聞くとこの頃からこういう曲調が好きなんだな…ってなる

あとおばあちゃん家(当時従兄弟がおばあちゃん家に住んでいた)に泊まりに行って、夜になると向かいに布団を敷いてる従兄弟が「早く寝ないとヤミルンルンがくるよ」などと言ってくるもんで、幼い私はそんなクソみたいな言葉を真に受けて泣いたりしてた。この頃の可愛さはいずこ???

 

ミルモでポン

なんとなく記憶にはあるし、今も好きだから正直アニメ全話見返したい。ヤシチが可愛くて凄い好きで、そこにプラスしてサスケ、ハンゾー、ワルモ団が好き。今も。なんで悪役ばっかなんだろうな…この頃から主人公にハマらない病を患っているみたいだ

こういう幼児向け(?)コンテンツって、当時子供用の衣装みたいなのがあったんだよね。服とつけ襟と帽子と、みたいな。それを着てた記憶がある。多分従兄弟にも付き合わせてた。立派な黒歴史

自分の元にもいつか妖精が来ると信じて疑わなかった

 

セーラームーン

The世代じゃないから再放送で見てたはず。当時はマーキュリーが好きで、自分もセーラームーンになれると信じて疑わなかった。キラキラのオモチャの棒(?)を振り回して、魔法が出ないことにキレ散らかしてた。やばすぎる

 

ポケモン

誰もが通る道だよね。カセットテープで販売されていた時代だから繰り返し見ていたと思う。今も印象的でよく覚えているのは、バタフリー回。幼いながらに思うところがあったんだろうな

 

 

小学生以降も少女漫画とか読んでハマってたけどそんなに覚えてないのでなんとなく読んでた記憶があるものをタイトルだけ記載

 

きらりんレボリューション

めちゃモテ委員長

しゅごキャラ

東京ミュウミュウ

・キッチンのお姫様

・夢色パティシエール

・スターダスト★ウインク

・ロッキン★ヘブン

絶叫学級

など

 

今も少女漫画すきだし、夢思考はこの頃からなんだろうなぁ…

春田なな先生、酒井まゆ先生が今も好きです。漫画集めたいなぁ

付録が欲しくてちゃおを買っていた時代から、漫画を読むようになってちゃお、りぼん、なかよし全部買ってた時期もあった。最終的にはりぼん派で落ち着いたからりぼんだけ買ってた

読み飛ばしてた漫画も山ほどあっただろうし、今になって読めばよかったなって思う

 

 

 

 

2005

小一。ごくせんを見て亀梨和也のオタクになる。所謂ごく出。忌み嫌われる存在

なんで好きになったかとか覚えてないし、気付いたら好きだった。正直いまごくせん2見たら赤西くんの方がかっこいいと思う。好きって本能だね。

亀梨くんは今も大好きだし、かっこいいと思うし、ずっと私の中で一番のトップアイドル。KAT-TUNは特別。

 

 

2008

小五。CODE:BREAKERがマガジン本誌で連載開始。刻くんに一目惚れする。

今も変わらず刻くんが大好きだし、こんなに好きになったキャラはいない、好き………。

 

 

2009

小六。初めてKAT-TUNのコンサートに行く。今となっても私にとってとても大切でかけがえのない思い出で、これを超えるコンサートは二度と行けない。

ごくせん卒業スペシャル'09が放送され、玉森裕太の存在を知り、コンサート中に見てた。これが人生の機転。

 

その後、Kis-My-Ft2A.B.C-Zにハマる。玉森裕太への担降りをする。橋本良亮も担当。

 

12月、キスマイ初単独in横アリ直前でなぜか横尾渉に担降り。橋本良亮は続行。

 

この年かその前の年くらいにネット始めてる。Amebaとかキャスフィにいた。もなちゃともしてたし、中一の13歳を名乗ってた。何故。

 

 

2011

中一2月、キスマイデビュー発表で大泣き。会場にいた。デビューするの嫌だった。

 

中二7月、キスマイデビューツアー。このとき横アリの立ち見席だった公演があった。見学席の後ろだった。森田美勇人を知る。

 

8月、キスマイデビュー。人気が出る。昔バカにしてきた同級生がキスマイのオタクになった。クソ

 

この年に友人に96猫とvip店長のマトリョシカを聞かされ、96猫ニコニコ動画にハマる。老害って言われるけどちょっと遅い。

 

 

2012

中二2月、A.B.C-Zデビュー。握手会に行き、新聞に載る写真撮影の現場にいた。号泣しながら橋本くんと握手をしたら次にいた戸塚くんをガンスルーしたやべえオタク。有り得ない。

 

ふにからふぁんた爺を見る。S!Nを知る。

高校受験。

 

 

2013

高校生になる。

 

8月、当時ハマっていたRebirth(164)の歌ってみたを漁っていたらつかさしを知る。

 

12月、初めて歌い手のライブETAに行く。ここでがっつりS!Nにハマる。S!N推しスタート。

 

 

2014

高二4月、ハイキューアニメ1期開始。アニメからオタクになる。月島くんが好きになる。

 

11月、この時なぜかじっぷすにハマっていたのでじっぷすバンドを見にニコジャムに行く。つかさしに初めて会う。

 

この年に愛の戦士のマリカ実況に出会い、とりっぴぃも知る。

 

 

2015

高三4月、某掲示板で叩かれ疲れてオタク怖いってなってS!Nのオタクを辞める。つかさし推しになる。

 

5月、あんスタリリース。日々樹渉のオタクになる。

 

8月、アイナナリリース。八乙女楽のオタクになる。

 

 

2017

4月、B少年にハマった母親の付き添いでJr祭りに行く。

2011年に知った美勇人くんを茶の間応援してたので美勇人うちわを作り参戦したところファンサを貰い、完全に撃ち抜かれる。

この段階で担降りを意識。元々キスマイに冷めていたので降りる。8年の横尾担当に終止符。美勇人担当スタート。橋本くんは継続、ゆるりと。

 

 

2018

好きだった人の影響でガルパを始める。宇田川あこ推しになる。

 

 

2019

1月、ELIO PARTY #4に行く。タラチオ初見。歌に惚れる。

 

3月、ニコこれに行く。タラチオの歌が聞きたかったのと、何より2神が好きだから見たかった。カフェ推しに連れ出してもらった。

 

このあたりからつかさしととりっぴぃの2推しになる。

何故か推しじゃないけどタラチオのライブにちょこちょこ通う。

 

10月、つかさしバースデーワンマンでつかさし推しを上がる。約4年半。これも新規でついたオタクが無理でやめた。とりっぴぃ単推しになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

大体こんな感じかな〜〜〜ざっくりだけど!

時期を書いてるだけだから参戦履歴とかは略してる

 

今はニコニコ界隈(?)はとりっぴぃ、元ジャニーズ枠で美勇人くんを推して元気に生きてます。

 

2次元はゆるゆる。相も変わらず夢女子してる。未だに夢小説を読む女。

 

 

こうしてまとめてると、当時楽しかった記憶とか全部鮮明に思い出せるから楽しい。オタクってやめられないね

 

きっと私はこれからもオタクをしていくと思うけど、アイドルに関しては美勇人くんで最後かな〜!こんなに冷めずに長い間好きなのって私にしては珍しいし、美勇人くんのオタク辞めたらもうアイドルのオタクは出来ないと思う

 

推しは推せるうちに推せって本当にそう思う、美勇人くんがなんのアナウンスもなくメディア露出0になったときは本当に人生がつまらなかったし、いついなくなるかわかんねーなって思った

 

 

オタクのうちに死にたいってオタクになった時から言い続けてるけど、それは今も変わらない

 

オタクをすることで少しでも推しを支えられてたらいいな

 

 

推しが活動を辞めるその時までずっと一緒に笑っていられますように

 

 

 

 

愛を糧に呼吸をする

 

 

自分でも極端だなって思うし、さっきまで楽しかったのに一瞬で地獄の果まで落ちてくテンションにびっくりするけど、20数年積み重ねてきたものはもう直んねーよなって開き直り始めた

 

自分のこと好きになれないしずっと一番嫌いな人間だけど、心まで変えようとしたら私じゃなくなっちゃうよなって思う。これは変わろうとしない言い訳かもしれないけど

 

 

でも結局、人に合わせたって人間好き嫌いあるから全員に好かれるわけじゃないし、好かれたとしてじゃあそれは本当に「私」のことが好きなのか?ってなるし、だったら本当の私を知っても好きでいてくれる人とだけ私は友達でいたい

 

自分を変える気は更々ないから、私を知って嫌になるんだったらじゃあもうそこでバイバイだよね。だってお互い不快だし。合わないってそういうこと

 

 

嫌だと思ったことは嫌だって言うし、それを悪口ととって嫌になるんだったらしょうがないと思う

 

四方八方ににこにこできるほど器広くないし、癇に障れば些細なことで嫌いになったりもする

そんな素を良しとしてくれる人とだけ狭く深く仲良くなりたいね

 

 

 

過去の経験からそんな簡単に人は信じられないと思ってるし、ちょっとしたことで離れていくのは向こうなんだから、別にいい顔したってしょうがないよな。うん。

 

私も心が綺麗な人の気持ちなんて1ミリもわかんねーし、きっと向こうからしてもそうなんだよ

 

 

ここからはまた別件

 

誘われるほどゲーム上手くないし、回線もよくないし、だからと言って好きで下手なわけじゃないし回線が悪いわけでもないし、向こうに他意がないのはわかるけど、それでも何でも否定的に受け取っちゃうからやっぱ傷付いちゃうし嫌な気持ちにはなる

 

ごめんね下手で^^って感じだし、そう思っちゃう自分も嫌だし、そこで強くなろう!じゃなくてモチベだだ下がりしちゃう自分なのが嫌

 

こんなことで、相手に他意がないのわかってるのに気にして病んでるのほんとやだね〜〜〜ひん曲がってんなって自分でも思うわW

 

 

全部全部私の気にしすぎなんだろうな。人の嫌なところが目につくのも、それをすぐ嫌になっちゃうのも、口に出ちゃうのも、悪意無い言葉に悪意を感じるのもぜーんぶ自分のせい

 

自分に自信がないからそういう考えになるんだよな、でもここまで生きてきたらそう簡単には変わんねーし変えられねーよバーーーーーーカ

 

 

私は私の事嫌いだから、代わりに私の事を好きって言ってくれる人のことを好きになって大切にしたいね。私の代わりに私のことを好きになってくれ、私自身をすこれ。

 

 

こころの容量

 

 

わがままで心が狭いから、時々すごく心がきゅっと掴まれたようなきもちになる

さっきまですっごい楽しかったのに、次の瞬間にはどん底に落ちてたりする

 

でもそんなのは自分の問題だから、周りに当たらないようにって精一杯頑張ると今度は喋れなくなっちゃう

心の容量も然り、頭の容量もきっと足りてないからなんだろうけれど

 

 

一度に色んな話を処理できないこと。愚痴を聞いてもらったり聞いたりして共有できるのはとても嬉しいことだけど、相手の負担になってないか心配なこと。好いてもらえて相談とかもしてくれて嬉しい反面、自分がポロッともらしてしまわないか心配なこと。知らないふりを決め込むのが意外と大変なこと。

 

いっぱいありすぎて頭パンクしそう

 

 

だから心の容量が増えればいいのにねって話

一度に抱え込む量が多ければPCだって当たり前に処理落ちする

 

心にもファイルがあったりしたらいいのにね

そしたら気持ちを小分けにして詰め込んでちょっとだけ楽になる気がする

 

 

頼ってもらえたりするのは凄く嬉しいと思うし、可愛いと感じるけれど

私の容量は小皿くらいしかないんだなぁきっと

 

嬉しいと楽しいばかりをストックしたい

もやもやとかくるしいは処理したらゴミ箱にぽいっと捨てられたらいいね

 

 

 

 

どろどろのなにか

 

 

 

正直きったねぇ感情持ってんなと思うし、思い続けてもう何年経ったかわからん。

 

ずっと前から嫉妬深いし、人を、世の中を恨みながら生きてる。

そんな自分が嫌いだなと思い続けてからももう何年も経ってるけど、20数年積み重ねてできたこの性格とか考えは直したいという気持ちに反してそう簡単には直らない。それを実感してまた自分を嫌いになっていく。

 

 

人と関わるのは好きだけど、嫌われるのは怖いから自分から深く関わりに行けない。

仲良くなる努力はしてるし、実際仲良くなれた子たちもいるけど、なんだかな〜という気持ち。

 

だけどやっぱり一番にはなれなくて、自分以外と仲良くしてるのを見せつけられると心の底からドス黒い感情が沸いてきてぜーんぶ嫌になる。自分はいつもその程度の人間止まりだなって感じて消えたくなる。

 

 

 

昔からそうだけど、なんでこんなに好きな友達に対して独占欲出ちゃうんだろう。メンヘラ彼女かよ。きめ〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

苦手だとか嫌いだとかのボーダーも多分他の人より低くて、すぐに嫌な気持ちになってしまうあたりこんなんだったらそりゃ生きるの辛いよな

 

 

 

凄い態度に出るし、一度嫌なところを見つけちゃうと芋ずる式にここも嫌だな、ああいうとこもやだな〜って結局嫌いになっちゃう。そんな自分も嫌なんだけどね。

 

 

自分の中のモラルが存在して、それが厳しいのかわかんないけど、個人的には最低ラインだと思ってることができない人がいると、同じ通話にいるだけで息苦しくなる。会話もできなくなる。好きな人がいても苦しい。

 

 

被害者面すんなって話だけど、自分の味方になってあげられるのは自分だけだから、甘やかせるところは甘やかしてあげたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと出会えたコミュニティだからぶっ壊すのは気が引けるけど、このまま居たら自分が窒息死しそう。

 

 

苦手な人に振り回されるのも好きな人同士の仲の良さに嫉妬するのも疲れた。好きも嫌いも難しい。生きるのに向いてないね

 

 

 

 

私がもっと可愛げのある女だったらとか、そうだったら病んですらも可愛いのかとか。ないものねだりしては現実を直視して、そうなれるはずもないのにねって自己嫌悪して、ほんとくだらない

 

離れたら少しは楽になれるかな、なんてね。

 

 

好かれる人が羨ましいと同時に妬ましい。

自分とは何もかも違う綺麗な性格が羨ましい、ずるいよ。

 

嫌いになれたらいっそ楽だなんて逃げなんだろうね